VIVA!SACD

VIVA!SACD

SACD (Super Audio CD) is a high-resolution audio disc format developed by Sony and Philips. Utilizing the Direct Stream Digital (DSD) file format, SACD provides for more accurate sound reproduction than the PCM used in the current CD format.

Extonから上岡敏之& 新日本フィルハーモニー交響楽団のブルックナー:交響曲第6番、飯森範親&日本センチュリー交響楽団のハイドン:交響曲集 Vol.8

f:id:VIVASACD:20190525161906j:plain

ブルックナー: 交響曲第6番 上岡敏之新日本フィルハーモニー交響楽団

Amazon

HMV

タワーレコード

 

壮麗に響く、充実のブルックナーサウンド!

確かな評価を得る上岡敏之によるブルックナー演奏。本盤は2018年4月のライヴ・レコーディングを収録した交響曲第6番です。弦楽器の美しく壮麗な響きと、管楽器の優美なソロは、このタッグがさらなる高みへ上っていることを示しています。会場を温かく包み込む豊かなサウンドを、高音質ハイブリッド盤が再現。また、今回のコンサートは演奏されることの珍しいヨーゼフ・ヴェナンティウス・ヴェス編纂版の楽譜を使用したことでも大きな話題となりました。貴重なブルックナー演奏を、ぜひお楽しみください。
オクタヴィア・レコード

 

【曲目】
ブルックナー:交響曲 第6番 イ長調 WAB106
(ヨーゼフ・ヴェナンティウス・ヴェス編纂による1927年版)

【演奏】
上岡敏之(指揮)
新日本フィルハーモニー交響楽団

【録音】
2018年4月19日 東京・サントリーホール、22日 横浜みなとみらいホールにてライヴ収録

 

 

f:id:VIVASACD:20190525162046j:plain

ハイドン:交響曲集 Vol.8 飯森範親 、 日本センチュリー交響楽団

Amazon

HMV

タワーレコード

 

日本センチュリー交響楽団と首席指揮者飯森範親との一大プロジェクト!
精緻に奏でられた気品あるハイドン交響曲集!

日本センチュリー交響楽団が首席指揮者の飯森範親と共に始めた「ハイドンラソン」は、フランツ・ヨーゼフ・ハイドンのすべての交響曲を演奏しようという一大プロジェクト。当盤は第10回コンサートのライヴ収録です。幾度の公演を重ね、信頼関係を築いてきた飯森と日本センチュリー響は、精緻な構築と、細部までこだわりぬいた感性で、気品あふれるハイドンを奏でています。柔和で晴々とした優美な演奏は、まさに彼らの真骨頂といえるでしょう。
オクタヴィア・レコード

【曲目】
ハイドン:
交響曲 第60番 ハ長調 Hob.l:60「うっかり者」
交響曲 第54番 ト長調 Hob.l:54

【演奏】
飯森範親(指揮)
日本センチュリー交響楽団

【録音】
2017年8月11日 大阪、いずみホールにてライヴ収録

 

 

vivasacd.hatenablog.com

 

 

vivasacd.hatenablog.com

 

blogs.yahoo.co.jp

blogs.yahoo.co.jp