VIVA!SACD

VIVA!SACD

SACD (Super Audio CD) is a high-resolution audio disc format developed by Sony and Philips. Utilizing the Direct Stream Digital (DSD) file format, SACD provides for more accurate sound reproduction than the PCM used in the current CD format.

レーベルが力を注いで世界初録音に取り組んでいるシェーンベルク門下のギリシャの作曲家スカルコッタスの協奏的管弦楽曲集 BIS RECORDS

f:id:VIVASACD:20191210150931j:plain

スカルコッタス: シンフォニエッタ、ヴァイオリンとピアノと管弦楽のための協奏曲、他 バイロン・フィデツィス 、 アテネフィルハーモニー管弦楽団 、 ゲオルギオス・デメルツィス 、 ヴァシリス・ヴァルヴァレソス

タワーレコード

Amazon

 

SACDハイブリッド盤。BISレーベルが力を注いで世界初録音に取り組んでいるシェーンベルク門下のギリシャの作曲家ニコス・スカルコッタス。当ディスクにはヴァイオリンやピアノのソロを伴う協奏的管弦楽曲が収録されております。スカルコッタス自身がヴァイオリニストでもあったため、とりわけヴァイオリン作品には独特の面白さがありますが、全作品に共通して言えるのは難技巧が要求されることです。
 また当録音で注目のひとつといえるのが「Digenes in his Last Agony」です。この作品には20世紀前半のギリシャを代表する政治家エレフテリオス・ヴェニゼロスの肉声をデジタル編集して加えております。ギリシャ演奏家がスカルコッタスの作品を全身全霊で演奏しております。(輸入元情報)

【収録情報】
スカルコッタス/ヤニス・サンプロヴァラキス編:
1. シンフォニエッタ 変ロ長調(1948)
2. ヴァイオリンとピアノと管弦楽のための協奏曲(1930)
3. ヴァイオリンと室内オーケストラのための組曲(1929)
4. 『Digenes in his Last Agony』(1935)
5. 2つの行進曲と9つのギリシャ舞曲(1946-47)

 ゲオルギオス・デメルツィス(ヴァイオリン)
 ヴァシリス・ヴァルヴァレソス(ピアノ)
 エレフテリオス・ヴェニゼロス(声/1930年収録の歴史的録音より:4)
 アテネフィルハーモニー管弦楽団
 バイロン・フィデツィス(指揮)

 録音時期:2017年9月(1)、2018 年2月(2-5)
 録音場所:アテネ、アルテミス・マライアラス・ホール
 録音方式:ステレオ(セッション)
 SACD Hybrid
 CD STEREO/ SACD STEREO/ SACD 5.0 SURROUND

 

 

 ニコス・スカルコッタスSACD HYBRID:タワーレコード