VIVA!SACD

VIVA!SACD

SACD (Super Audio CD) is a high-resolution audio disc format developed by Sony and Philips. Utilizing the Direct Stream Digital (DSD) file format, SACD provides for more accurate sound reproduction than the PCM used in the current CD format.

ビシュコフ&ケルンWDR響の秘宝の数々が9枚組SACD Hybrid、お手頃価格で登場

f:id:VIVASACD:20200313121540j:plain

ビシュコフ&ケルンWDR交響楽団共演の歴史 セミヨン・ビシュコフ 、 ケルンWDR交響楽団

タワーレコード

Amazon

HMV icon

 1997年から2010年までケルンWDR交響楽団の首席指揮者を務めたセミョン・ビシュコフ。彼らの貴重な共演のドキュメントをお届けします。
いずれも過去に「Profil」レーベルから単体でリリースされましたが、今回9枚をまとめたボックスとして驚きの価格で再登場。もちろん以前と同じくSACDハイブリッド盤。
9枚組のうちリヒャルト・シュトラウスの『エレクトラ』が2枚、ワーグナーの『ローエングリン』が3枚、ヴェルディのレクィエムが2枚で全曲を堪能できるのも貴重。フェリシティ・パーマーやデボラ・ポラスキの『エレクトラ』、ヨハン・ボータアドリアンネ・ピエチョンカの『ローエングリン』も魅力ですが、ヴィオレータ・ウルマーナ、オリガ・ボロディナら旧ソ連の実力派たちと共演したヴェルディが圧巻。凄みに満ちています。(輸入元情報)

【収録情報】
Disc1(73:04)
ラフマニノフ
1. 合唱交響曲『鐘』 Op.35
2. 交響的舞曲 Op.45

タチヤナ・パヴロフスカヤ(ソプラノ:1)
エフゲニー・アキーモフ(テノール:1)
ウラジーミル・ヴァネーエフ(バリトン:1)
レーゲ・アルティス室内合唱団(1)
WDR合唱団(1)
ケルンWDR交響楽団
セミョン・ビシュコフ(指揮)

録音時期:2006年9月
録音場所:ケルン・フィルハーモニー
録音方式:ステレオ(デジタル/ライヴ)

Disc2-3(66: 16/40:55)
リヒャルト・シュトラウス:『エレクトラ』 Op.58 全曲

エレクトラ:デボラ・ポラスキ(ソプラノ)
クリュテムネストラ:フェリシティ・パーマー(メゾ・ソプラノ)
クリュソテミス:アンネ・シュヴァネヴィルムス(ソプラノ)
エギスト:グレアム・クラーク(テノール)、
オレスト:フランツ・グルントヘーバー(バリトン)、他
WDR合唱団
ケルンWDR交響楽団
セミョン・ビシュコフ(指揮)

録音時期:2005年
録音方式:ステレオ(デジタル)

Disc4(73:48)
リヒャルト・シュトラウス
1. アルプス交響曲 Op.64
2. 交響詩ティル・オイレンシュピーゲルの愉快な悪戯』 Op.28

ケルンWDR交響楽団
セミョン・ビシュコフ(指揮)

録音時期:2007年12月17-21日
録音場所:ケルン・フィルハーモニー
録音方式:ステレオ(デジタル/ライヴ)

Disc5-7(71:29/73:12/70:34)
ワーグナー:『ローエングリン』全曲

ローエングリンヨハン・ボータテノール
エルザ:アドリアンネ・ピエチョンカ(ソプラノ)
テルラムント:ファルク・シュトルックマン(バリトン
オルトルート:ペトラ・ラング(メゾ・ソプラノ)、他
WDR合唱団
NDR合唱団
プラハ室内合唱団
ケルンWDR交響楽団
セミョン・ビシュコフ(指揮)

録音時期:2008年5月30日~6月14日
録音場所:ケルン・フィルハーモニー
録音方式:ステレオ(デジタル/ライヴ)

Disc8-9(43:31/36:45)
ヴェルディ:レクィエム

ヴィオレータ・ウルマーナ(ソプラノ)
オリガ・ボロディナ(メゾ・ソプラノ)
ラモン・ヴァルガステノール
フェルッチョ・フルラネット(バス)
WDR合唱団
NDR合唱団
トリノ・レージョ劇場合唱団
ケルンWDR交響楽団
セミョン・ビシュコフ(指揮)

録音時期:2007年11月12-16日
録音場所:ケルン・フィルハーモニー
録音方式:ステレオ(デジタル/ライヴ)

SACD Hybrid

セミヨン・ビシュコフSACD HYBRID:タワーレコード

ケルンWDR交響楽団SACD HYBRID:タワーレコード

ProfilレーベルSACD HYBRID:タワーレコード