VIVA!SACD

VIVA!SACD

SACD (Super Audio CD) is a high-resolution audio disc format developed by Sony and Philips. Utilizing the Direct Stream Digital (DSD) file format, SACD provides for more accurate sound reproduction than the PCM used in the current CD format.

'70年代のブーレーズによるスリリングなバルトークが 初SACDハイブリッド化

f:id:VIVASACD:20200702191328j:plain

Bartok: The Wooden Prince & Dance Suite ピエール・ブーレーズニューヨーク・フィルハーモニック

タワーレコード

 

アナログLP時代にバルトーク演奏解釈の一つの極点を刻んだブーレーズバルトーク録音。円熟した解釈を聴かせる後年の演奏とは異なり、クールで精緻の極みとも言うべきアプローチを見せながら内面は熱くラディカルな'70年代のブーレーズらしい演奏です。

このSACDハイブリッド盤はソニー・クラシカルから音源をライセンスし、英ダットンが発売するもので、SACD層にはステレオ音声に加え、マルチチャンネル音声が4チャンネル(QUADRAOHINIC)で収録されています。何れもオリジナル・アナログマスターからレーベル社主のマイケル・J.ダットンがリマスターしたものです(舞踏組曲では4チャンネルのリミックスも担当)。LPレコード時代に一世を風靡した4チャンネル・ステレオ録音の音場を、ぜひSACDのマルチチャンネルでご体感ください!
タワーレコード 商品本部 板倉重雄)

【曲目】
バルトーク:
[01]-[11] バレエ《木製の王子》全曲 Sz.60
[12]-[17] 舞踏組曲 Sz.77
【演奏】
ピエール・ブーレーズ指揮
ニューヨーク・フィルハーモニック
【録音】
[01]-[11] 1975年10月13日、マンハッタン・センター、ニューヨーク
[12]-[17] 1972年2月22日、フィルハーモニック・ホール、ニューヨーク
【オリジナルLP】
[01]-[11] 米Columbia M34514 (1977) STEREO/QUADRAOHINIC
[12]-[17] 米Columbia M31368 (1972) STEREO/MQ31368 QUADRAOHINIC

 

 

vivasacd.hatenablog.com

vivasacd.hatenablog.com

vivasacd.hatenablog.com