VIVA!SACD

VIVA!SACD

SACDに特化した偏屈ブログ

2018年グラモフォン賞声楽部門受賞のエストニア・フィルハーモニック室内合唱団、注目の最新盤! シュニトケの「無伴奏合唱のためのコンチェルト」「3つの聖歌」、ペルトの「7つのマニフィカト・アンティフォナ」

シュニトケ: 無伴奏合唱のためのコンチェルト、ペルト: 7つのマニフィカト・アンティフォナ
カスパルス・プトニンシュ 、 エストニア・フィルハーモニック室内合唱団

タワーレコード

Amazon 

BIS Records

SACDハイブリッド盤。プトニンシュ率いるエストニア・フィルハーモニック室内合唱団によるシュニトケ&ペルトの合唱作品集第2弾の登場!BISレーベルからリリースされている「シュニトケ:悔悛の詩編、ペルト:マニフィカト&主よ、今こそあなたは」(BIS SA-2292)は2018年英国グラモフォン賞の声楽部門を受賞しており、当アルバムも非常に期待が高まります。
シュニトケの「無伴奏合唱のためのコンチェルト」は10~11世紀に活躍したアルメニアの詩人グレゴールのテクストを用いた4部の作品。一方、「3つの聖歌」は1984年に当時国立シンフォニー・カペレ合唱団の指揮者だったヴァレリー・ポリャンスキーの依頼で作曲したものでやはりテクストはグレゴールの詩を用いています。ソ連時代ながらロシア聖歌の様式にのっとっているのが非常に斬新です。
ペルトがRIAS室内合唱団設立40周年を記念して作曲した「7つのマニフィカト・アンティフォナ」。当時の西ベルリンで初演され、その後1991年に改訂版を発表。当録音ではその改訂版で演奏しております。テクストは、クリスマス・イヴまでの12月17日から23日のローマ・カトリック教会の「夕べの祈り」の典礼に基づき、ペルト独自の崇高な世界が広がります。エストニア・フィルハーモニック室内合唱団の純度の高い歌声をお楽しみください。
キングインターナショナル

【曲目】
(1)シュニトケ:無伴奏合唱のためのコンチェルト(1984-85)
(2)シュニトケ:3つの聖歌(1984)
(3)ペルト:7つのマニフィカト・アンティフォナ(1988/1991)

【演奏】
エストニア・フィルハーモニック室内合唱団
カスパルス・プトニンシュ(指揮)

【録音】
セッション録音
2020年1月27-31日
聖ニコラス教会(タリン、エストニア)

プロデューサー&サウンド・エンジニア:
イェンス・ブラウン(Take5 Music Production)

シュニトケ、ペルト 合唱作品集』

タワーレコード

Amazon