VIVA!SACD

VIVA!SACD

SACDに特化した偏屈ブログ

忘れられた作曲家発掘演奏団ベロリーナ・アンサンブルにより再提示 エヴァルト・シュトラッサー

Straesser: Chamber music - Berolina Ensemble

エヴァルト・シュトラッサー: 室内楽作品集
ベロリナ・アンサンブル

タワーレコード

Amazon

 

MD+G

「あまり知られていない作曲家の作品を発掘、演奏しその魅力を伝えるベロリナ・アンサンブル」新作はエヴァルト・シュトラッサー

 

ドイツ、ケルン近郊のブルシャイトで生まれたエヴァルト・シュトラッサー。現在では完全に忘れられた作曲となっていますが、当時は、フルトヴェングラーアーベントロートメンゲルベルクニキシュプフィッツナーらが彼の作品を取り上げ、ピアニストのエリー・ナイもコンサート・プログラムに入れるなど、高く評価されていました。作品は広く認められていましたが、彼自身は政治的意図は作品には込めていませんでしたが、周囲が疑心し、さらには彼は人前に出ることを好む性格ではなかったために、次第に演奏されなくなりました。今回、ベロリーナ・アンサンブルがシュトラッサーの作品を再び取り上げることによって、再評価されることでしょう。
キングインターナショナル

【曲目】
エヴァルト・シュトラッサー(1867-1933)
クラリネット五重奏曲Op.34 ト長調(1915)
クラリネットソナタ Op.58 ホ長調(1932)
管楽五重奏曲(フルート、オーボエクラリネット、ホルン、ファゴット)Op.9bト長調(1903)

【演奏】
ベロリーナ・アンサンブル

【録音】
2020年6月22-24日、9月19,20日、25,26日
マリエンミュンスター修道院コンツェルトハウス

 

 

vivasacd.hatenablog.com

 

open.spotify.com