VIVA!SACD

VIVA!SACD

SACD (Super Audio CD) is a high-resolution audio disc format developed by Sony and Philips. Utilizing the Direct Stream Digital (DSD) file format, SACD provides for more accurate sound reproduction than the PCM used in the current CD format.

ランキングはどこまで上がるのかプロジェクト

イメージ 1


アマゾン
携帯で御覧の方はアマゾンで「PEKKA SACD」で検索してみてください


大変美味でございます。お薦めでございます。そ・こ・で

このアルバムのランキングはどこまで上がるのか??をこの場を借りて実験してみたいと思います

現在(9月21日)amazon.jpクラシックSACDランキングで49位

それがこのブログで紹介して、どこまでランキングが上がるのか??(楽天ブログと共同プロジェクト)

では何故このアルバムをお薦めするのか、について

ズバリ安い

もちろん内容が良い

SACDといってもHYBRID(SACDとCDの二層式)ですので、CDプレイヤーでもお楽しみいただけますし、録音が良いのでCDでも音質良好(私、CDでは車で楽しんでますが良いです)。もちろんSACDだと倍音や細かい音の消え入る様のデティール(ここに神が宿るんだなぁ)がより美しくご堪能いただけます。更にサラウンドも収録でオーケストラの舞台がご家庭に出張してきてくれます

CD層はもちろんPCでのリッピングも可能。巷であふれる「どうせipodに落とすんだろ」とテキトーな録音で垂れ流された物を落とすより、良い物を落とす方が良いに決まってます(断言)。出来ればSACDで聴いてほしいところですが、アーティストの手を離れればどう聴こうがリスナーの勝手でありますからね。アーティストはもっと良い音で、良いシステムで聴きたくなる物を提供する事が大事でリスナーそれに応える感性を保つ事が大事。CD不況はリスナーを馬鹿にした物を垂れ流したツケだと私は考えます

ipodで気軽に楽しみたい派にも現状CDで十分な人にも、より良い音で楽しみたい人にも、オールラウンドに応えるHYBRIDは消費者にも一番嬉しいと思うんですがね~


お薦めの訳はそれだけではございません

クラシックでしょ~興味ないよ~

と思う方もいらっしゃいますでしょう。と・こ・ろ・が

このアルバムに収録されているのは


ピンときた方はプログレ好きですね

そう、キングクリムゾンのロバート・フリップ総帥が多大なる影響を受けた作曲家です

ヘヴィメタルというジャンルが生まれるはるか昔に誕生した「21世紀の精神異常者」が今尚刺激的なヘヴィメタルナンバーであり続けている理由を紐解くのに、このふたりの作曲家は欠かせません(それとマイルス・デイビスジョン・コルトレーンもね)

さらにもう一曲

ムソルグスキー「禿山の一夜」

ピンときた方、「タッチ」世代ですね

そう、和也がこの曲を聴いてた時に達也が「何聴いてるの?」と尋ねて、和也がタイトルを教えると達也が「売れそうにないタイトルだな」と言うあのシーンの曲です


クラシック好きには説明不要でしょう。名門ドイツ・グラモフォンからのリリースですから。既にお持ちの方も多いと思います


さて、どれほどの影響力がこのブログにあるのか(笑)

アマゾンのリンクですが、アフェリエイトとかには何の関係もありませんし、私の利益にはこれっぽっちもなりませんのでご安心(?)してご購入ください

さあ~1~2週間後のランキングがどうなっているのか楽しみだな~