VIVA!SACD

VIVA!SACD

SACD (Super Audio CD) is a high-resolution audio disc format developed by Sony and Philips. Utilizing the Direct Stream Digital (DSD) file format, SACD provides for more accurate sound reproduction than the PCM used in the current CD format.

新譜情報

 
マレク・ヤノフスキ指揮、ベルリン放送合唱団(コーラス・マスター:サイモン・ハルセイ)、ベルリン放送交響楽団カミラ・ティリング(ソプラノ)デレトフ・ロートバリトン
 
DSDレコーディング
 
SACD Hybrid
 CD STEREO/ SACD STEREO/ SACD SURROUND
 
 
 
 
 
カストリの良く響くベースサウンドペトルチアーニの壮大なピアノサウンドが重なって作り出す至極の世界。ポスト・パーカー・ジャズを形成したルールのしみ込んだワナにはまることなく、新しい音楽を作り上げたペトルチアーニの演奏は、その毛穴の全てからジャズがにじみ出ている。有名なボサ・ナンバーのタイトル曲「エスターテ」を始め、エバンスの(2)、ビタースウィートなオリジナルバラード(5)など、ピアノの1音1音が紡ぎだす美しい旋律の数々。言葉は不必要な偉大な芸術作品であることは間違いない。(JAZZYELLより転載)

MICHEL PETRUCCIANI(p), FURIO DI CASTRI(b), ALDO ROMANO(ds)
 
US盤発売と連動しての再発の様です。1982年の名作です。試聴
 
 
 
二人のオリジナルに加え、ボブ・ディラントム・ウェイツなどのカヴァー収録。英国出身のようですが、アメリカン・フォークな内容のようです。試聴 
 
 
HYBRID  STEREO
 
 
 
 
 
イメージ 4
 
2009年の日本公演に合わせ急遽CDで発売いたしましたヤンソンスチャイコフスキー交響曲第5番を、SACDハイブリッドの高音質にて改めて発売いたします。CDでは、交響曲第5番1曲のみの収録でしたが、当盤は2010年録音の『フランチェスカ・ダ・リミニ』をカップリング。(ナクソス・ジャパン)

【収録情報】
チャイコフスキー
1. 交響曲第5番ホ短調 Op.64
2. 交響的幻想曲『フランチェスカ・ダ・リミニ』 Op.32
 バイエルン放送交響楽団
 マリス・ヤンソンス
(指揮)

 録音時期:2009年10月9日(1)、2010年7月1-2日(2)
 録音場所:ミュンヘン、ガスタイク、フィルハーモニー
 録音方式:デジタル(ライヴ)
 SACD Hybrid