VIVA!SACD

VIVA!SACD

SACD (Super Audio CD) is a high-resolution audio disc format developed by Sony and Philips. Utilizing the Direct Stream Digital (DSD) file format, SACD provides for more accurate sound reproduction than the PCM used in the current CD format.

レイチェル・ポッジャー待望のヴィヴァルディ:四季

DSD録音レーベルchannel classicからレイチェル・ポッジャー待望のヴィヴァルディ「四季」がリリースです!

 

Vivaldi: Le Quattro Stagioni

ヴィヴァルディ:四季 他 レイチェル・ポッジャー ブレコン・バロック

天女レイチェル・ポッジャー!
50歳記念盤!ヴィヴァルディの「四季」!

1997年から2002年にかけてイングリッシュ・コンサートのリーダーを務め、2006年には自身が主宰するブレコン・バロック・フェスティヴァルの芸術監督に就任。オランダのChannel Classicsレーベルより数々の伝説的名盤を生み出し、2015年には英国王立音楽アカデミー(RAM)のバッハ賞を受賞したバロック・ヴァイオリンの天女レイチェル・ポッジャー。ポッジャーの記念すべき生誕50周年記念リリース第1弾は、J.S.バッハと並んで重要作品としてきた赤毛の司祭、アントニオ・ヴィヴァルディの音楽。「ラ・ストラヴァガンツァ」、「ラ・チェトラ」、「調和の霊感」とヴァイオリン協奏曲集の名盤を連ねてきたディスコグラフィーに、「四季」の録音が加わります!まだ学生だった頃のポッジャーが、ナイジェル・ケネディの名録音を聞いて以来、演奏と録音を夢見てきたというヴィヴァルディの傑作。自身のアンサンブルを伴って、2017年についに録音が実現、2017年の10月28日には、ブレコン・バロック・フェスティヴァル2017でも演奏されています。2018年古楽シーン最大級のリリースとなるレイチェル・ポッジャーの「四季」、お見逃しなく! 
東京エムプラス
【曲目】
ヴィヴァルディ:ヴァイオリン協奏曲集《四季》/
ヴァイオリン協奏曲ニ長調ムガール大帝》 RV.208/
ヴァイオリン協奏曲ホ長調 《安らぎ》 RV.270/
ヴァイオリン協奏曲ホ長調 《恋人》 RV.271

【演奏】
レイチェル・ポッジャー(ヴァイオリン)、
ブレコン・バロック
ヨハネス・プラムゾーラー(ヴァイオリン)、
ザビーネ・ストッファー(ヴァイオリン)、
ジェーン・ロジャーズ(ヴィオラ)、
アリソン・マギリヴリー(チェロ)、
ヤン・スペンサー(ヴィオローネ)、
ダニエレ・カミニティ(テオルボ)、
マルツィン・シヴィオントキエヴィチ(ハープシコード、チェンバー・オルガン)〕
Cables:
van der Hul
Digital Converters:
Horus
Editing Software:
Pyramix
Mastering Engineer:
Jared Sacks; DSD 512 downloads created by Tom Caulfield at the NativeDSD Mastering Lab in Marshfield, MA
Mastering Room:
Grimm LS1
Microphones:
Bruel & Kyaer, Schoeps
Mixing Board:
Rens Heijnis custom made
Notes:
These DSD 512 releases are all pure DSD created, they stayed in the DSD domain using professional software from Signalyst. They are not up samplings, for there are no PCM or DXD conversions involved in their production. They are re-modulations of the original DSD encoding modulations. The sonic advantage to these new Stereo DSD 512 releases, as with all higher DSD bit rate releases, is the wider frequency passband prior to the onset of modulation noise. This results in the listener’s DAC using gentler and more phase linear filters for playback of the music. Processed in the NativeDSD Mastering Lab by Mastering Engineer Tom Caulfield, the resulting DSD 512 files are exclusively available at NativeDSD.com
Producer:
Jonathan Freeman Attwood
Recording Engineer:
Jared Sacks
Recording location:
St. Jude's Church, London, UK
Recording Software:
Merging
Recording Type & Bit Rate:
DSD256