VIVA!SACD

VIVA!SACD

SACD (Super Audio CD) is a high-resolution audio disc format developed by Sony and Philips. Utilizing the Direct Stream Digital (DSD) file format, SACD provides for more accurate sound reproduction than the PCM used in the current CD format.

日本を代表するトップソリストによるストリング・クヮルテットARCO、16年振りのニューアルバム DSD 11.2MHz録音

ARCO/死と乙女

シューベルト:死と乙女
ストリング・カルテット”ARCO”
 
ストリング・クヮルテットARCOの実に16年ぶりのニューアルバムは、弦楽四重奏曲の金字塔、シューベルト『死と乙女』。N響、読響、都響においてそれぞれトップを務めるソリスト4人が織りなすその醸成された響きは、16年という濃密な時の変遷を確信させます。
 カップリングはヴェーベルン初期の『弦楽四重奏のための緩徐楽章』。ロマン派への憧憬を感じるその美しい弦楽の響きは、ヴェーベルンヴェーベルンたらしめている12音無調音楽とは一線を画すもので、万人が純粋に「美しい」と感じられる秀作です。ARCOならではのベルベットな響きが天国へと誘います。(販売元情報)

【収録情報】
シューベルト弦楽四重奏曲第14番ニ短調 D.810『死と乙女』
ヴェーベルン弦楽四重奏のための緩徐楽章

 ストリング・クヮルテット ARCO
  伊藤亮太郎(第1ヴァイオリン)
  双紙正哉(第2ヴァイオリン)
  柳瀬省太(ヴィオラ
  古川展生(チェロ)

 録音時期:2018年4月23,24日
 録音場所:横浜市栄区民文化センター リリス
 録音方式:ステレオ(DSD 11.2MHz / DSD 256/セッション)
 SACD Hybrid
 
企画制作:ソニー・ミュージックダイレクト
発売:ミューズエンターテインメント

 
 
同時期にキアロスクーロ四重奏団の”死と乙女”がリリースされるのも興味深い。聴き比べしてみたい