VIVA!SACD

VIVA!SACD

SACD (Super Audio CD) is a high-resolution audio disc format developed by Sony and Philips. Utilizing the Direct Stream Digital (DSD) file format, SACD provides for more accurate sound reproduction than the PCM used in the current CD format.

ジャケ写到着!パーヴォ・ヤルヴィ&カンマーフィルのブラームス3番4番

ブラームス:交響曲第3番&第4番

ブラームス交響曲第3番、4番

パーヴォ・ヤルヴィ ドイツ・カンマーフィル・ブレーメン
 
以前もお伝えしていたパーヴォ・ヤルヴィ&カンマーフィルのブラームス第3弾。ようやくジャケット写真が公開されましたので再び。
 
現在最も刺激的な音楽を生み出し続けているパーヴォ・ヤルヴィとドイツ・カンマーフィル。このコンビの初共演は1995年。そしてヤルヴィが芸術監督に就任したのが2014年。それ以来10年を超す年月の蓄積の間にベートーヴェンシューマン交響曲全集の録音を世に問い、さらにブラームス交響曲にも着手しています。
 充実の極みにある彼らが取り組んでいる「ブラームス・プロジェクト」は、ドイツ・ロマン派の精髄ともいえるブラームスを新たな角度で見つめ直すもので、2014年12月の東京オペラシティでの全曲演奏で本格的にスタートし、欧米各地でチクルス演奏を実現しています。それと並行して交響曲4曲・セレナード2曲と主要管弦楽曲を収録する4枚シリーズの最新盤となる第3弾は、晩年の大作交響曲2曲を収録。ヤルヴィがドイツ・カンマーフィルと最初に共演し意気投合した交響曲第4番、カラヤンさえ苦手にした難曲・交響曲第3番でブラームス音楽の本質に迫ります。歴史あるヴィースバーデンクアハウスでの録音です。(メーカー資料より)

【収録情報】
ブラームス
1.交響曲第3番ヘ長調 Op.90
2.交響曲第4番ホ短調 Op.98

 ドイツ・カンマーフィルハーモニーブレーメン
 パーヴォ・ヤルヴィ(指揮)

 録音時期:2016年12月19-22日(1)、2017年12月18-21日(2)
 録音場所:ヴィースバーデンクアハウス
 録音方式:ステレオ(DSD
 プロデューサー:フィリップ・トラウゴット
 レコーディング・エンジニア:ジャン=マリー・ゲイセン
 アシスタント・エンジニア&エディティング:カレル・ブリュッゲマン
 レコーディング&ポスト・プロダクション:ポリヒムニア・インターナショナル
 SACD Hybrid
 CD STEREO/ SACD STEREO/ SACD 5.0 SURROUND

プロデューサー、レコーディングエンジニアはこれまでと同じく、フィリップ・トラウゴットとポリヒムニアのジャン=マリー・ゲイセン、カレル・ブリュッゲマン。勿論DSD録音
録音場所はドイツの高級温泉保養地のヴィースバーデンクアハウス
イメージ 2

カジノもあるそうで、ここで財産を失ったフョードル・ドストエフスキーが後に「賭博師」を執筆したという逸話も。
ドストエフスキーに捧げたサロンもあるそうです)