VIVA!SACD

VIVA!SACD

SACDに特化した偏屈ブログ

特集

貴重盤SACD特集 ロック・ポップス編

2000年代初頭はロック・ポップスもSACDで出てました。現在では中古市場でも高値が付いており、再発しろよ!と思いますが、ビジネス的問題と権利関係があるのでしょう・・今回は「1万円以下」の条件で探しました。ほとんどが1万円超え、2万3万と高騰してるの…

黄金期の完全未発表スタジオ録音「ジャスト・クーリン」SACD発売記念 アート・ブレイキーSACD特集

1959年3月8日にニュージャージーのヴァン・ゲルダー・スタジオにて、ブルーノート・レコード創設者のアルフレッド・ライオンのプロデュースのもと正式録音され、ディスコグラフィー上にセッションの記載はあったものの、半世紀以上も一度も世に出ていなかっ…

SACDクラシック新譜まとめ

近頃、ジャズ、ブルース、ソウルのSACDを爆買い中で購入が滞ってるクラシックSACD。名盤復刻もですが、新譜も続々「必聴」ものが出てきております。アクセス数もTwitterでの「いいね」の数も新譜はなかなか伸びないのですが、新譜が売れてこその活性化だと思…

女性ヴォーカル特集 その1

Just a Little Lovin' シェルビィ・リン Amazon SACDセレクト ダスティー・スプリングフィールドの9曲をカバーしたトリビュートアルバム。プロデュースはフィル・ラモーン Dusty in Memphis ダスティー・スプリングフィールド Amazon SACDセレクト そしてこ…

グレース・マーヤ特集

グレース・マーヤ(Grace Mahua)/Vocal,Piano 3歳からクラッシック・ピアノ、ヴァイオリン、バレエを習い始めて、4歳でピアノ・コンクール入賞。9歳でパリへ夏期留学。日本語・英語・ドイツ語・フランス語に堪能で、1997年にはドイツに留学。フライブルグ国立…

レーベル特集 ALIA VOX

スペイン古楽界の至宝、ジョルディ・サヴァールが自らの演奏を発売すべく立ち上げた自主レーベル。新録音、またAstréeから原盤を買い上げて再発売をしているHeritage シリーズとSACDリリースは多数。録音、マスタリング、ヘリテージのリマスターを手掛けるMa…

ベートーヴェン:交響曲全集BOX特集

2020年はベートーヴェン生誕250年のアニバーサリー・イヤー 新型コロナ・ウイルスの世界的流行で大変な事になってますが、SACDユーザー、オーディオマニアは「じっくり音楽を聴けるチャンスだ」と外出自粛を逆手に取りたいものです。 と、いうわけで、ベート…

Analogue Productions貴重盤SACDがお買い得価格!SACDセレクト

SACDを検索してましたら、ヤフーショッピングで「SACDセレクト」なるお店を発見! 貴重盤がまだ在庫有りで、なかなかのお買い得価格でしたのでご紹介します。 今回はAnalogue Productions アナログプロダクションズ盤のご紹介。 いずれも在庫は豊富ではない…

グレン・グールドSACD特集

20世紀もっとも孤独でもっとも愛されたピアニスト ― グレン・グールド(1932-1982) 発売予定に出ながらも、延期未定となって数年の 「バッハ:ゴールドベルク変奏曲 アルティメイト・SA-CDハイブリッド・エディション 」 1955年録音のデビュー・アルバム「ゴー…

バッハ「ヨハネ受難曲」新録音へご支援のお願い バッハ・コレギウム・ジャパン(BCJ)

新型コロナウィルスCovid-19感染症の影響は音楽業界にも多くのダメージを与え、多くの音楽家、団体、レーベル等々が存続の危機にあります。 鈴木雅明 バッハ・コレギウム・ジャパンも欧州ツアーがキャンセルとなり、経済的基盤が大きく揺らいでいるそうです…

レイチェル・ポッジャー特集 ビーバー、ラモー・・その他編

ヴィヴァルディ、バッハ、モーツァルト編に続いて第4弾は ビーバー、ラモー、タルティーニ、ピゼンデルら、それとコンピレーション盤を。 ビーバー: ロザリオのソナタ Amazon タワーレコード グランディッシマ・グラヴィタ - 18世紀のヴァイオリン・ソナタ集…

レイチェル・ポッジャー特集 モーツァルト編

ヴィヴァルディ、バッハに続きましてはモーツァルト編 しかし・・ほとんど新品在庫が無い!! モーツァルト: ヴァイオリンとヴィオラのための協奏交響曲、ハイドン: ヴァイオリン協奏曲第1番&第4番 Amazon タワーレコード 29309 Rachel Podger, Orchestra of…

レイチェル・ポッジャー特集 バッハ編

ヴィヴァルディ編に続いてはバッハ編です。 Channel Classicsのモノは当然DSD録音。Harmonia Mundiは96年録音のPCMです。 J.S.バッハ: ヴァイオリン協奏曲集 BWV.1041, BWV.1042, BWV.1056, BWV.1055 Amazon タワーレコード J.S.バッハ: 2つのヴァイオリンの…

レイチェル・ポッジャー特集 ヴィヴァルディ編

「バロック・ヴァイオリンの天女」レイチェル・ポッジャーの特集です。 SACDリリースが多いアーティストですので、何回かに分けて、今回は「ヴィヴァルディ」で。オランダの高音質レーベルChannel Classicsからの、全てDSD録音というのも嬉しいところです ヴ…

ニューアルバム発売記念 アラベラ・美歩・シュタインバッハー 特集

アラベラ・シュタインバッハー Arabella Steinbacher ドイツ人でコレペティートル(歌劇場などでオペラ歌手やバレエダンサーにピアノを弾きがら音楽稽古をつけるコーチ)の父と、日本人で歌手の母の元に生まれ、現在世界の第一線で活躍するヴァイオリニスト…

そうだ!ジャズ聴こう!!DSDダイレクト録音シリーズ特集

CD売上が低迷、中でも売れないジャンルなジャズは非常に厳しい・・ クラシックはタワレコ企画、エソテリック企画、ユニバーサルのSHM-SACDシリーズとコンスタントに復刻モノがリリースされてますが、ジャズは停滞気味・・なとこからも「売上が厳しい」のがわ…

戻って来い!Harmonia MundiレーベルSACD特集

Harmonia Mundi はフランスのインディペンデント・レーベル(USAは子会社(こちらがSACDリリースは主だった)。ドイツは無関係)。古楽を中心に、品のある美しく格調高いジャケットと確かな高音質でブランド・レーベルで多くのファンを持ちます。 以前はヴォ…

戻って来い!日本コロムビアSACD特集 アンドレア・バッティストーニ編

戻って来い日本コロムビア(DENON)第三弾は「らららクラシック」等でもお馴染み、アンドレア・バッティストーニです。2017年を最後にSACDリリースが途絶えてます・・全タイトルまだ在庫有りです。 若き天才指揮者アンドレア・バッティストーニがイタリア随…

戻って来い!日本コロムビアSACD特集 冨田勲編

前回 vivasacd.hatenablog.com の続きは冨田勲編です。まだ在庫があるアルバムが殆どです。 モーグ・シンセサイザーの第一人者であり、TOMITAサウンドは今尚世界的に高い評価を得ています。また、マルチチャンネルにも強い関心を持ち、まさにSACDに持って来…

戻って来い!日本コロムビアSACD特集 前編

昨年オノセイゲン「COMME des GARCONS SEIGEN ONO」「CDG Fragmentation」 vivasacd.hatenablog.com をSACDでリリースしてくれた日本コロムビアですが、その前は2017年と「途切れ途切れの話はやめてよ」状態。ひとり咲きならぬ、返り咲きを期待したい。 そこ…

ギタリスト、フランツ・ハラース特集

Franz Halasz アメリカ生まれのドイツ人ギタリスト、フランツ・ハラース ニュルンベルク=アウグスブルク音楽大学の教授を長年に渡り務め、2010年にミュンヘン音楽大学(ドイツ国立ミュンヘン音楽演劇大学)のギター科主任教授に就任しました。「ギターの技…

紹介漏れの香港発オムニバスSACD

先日香港特集をやりましたが、これまでの特集を見返すと、紹介したつもりでしたが、どこにも記述が見当たらない(どこかで書いたはずですが・・書いたつもりになってたのか)2枚を。もうとっくに入手されてる方も多いかと思いますが・・知らなかった方のため…

香港SACD SONY、BMG特集

これまでにも、ちょいちょい特集してる香港SACD(下にリンク) 現地アーティストも結構SACDで出てる様ですが、世界的アーティストをご紹介。過去の特集と被らないように(一部被りますが)。 欧米SONYは可能性が限りなく低いので、日本をはじめアジアSONY、…

2019 My Favorite SACD 再発、19年発売じゃない編

2019年にリリースされたSACDの中で私の、あくまで個人的なお気に入りを発表したいと思います。 まずは再発モノ COMME des GARÇONS SEIGEN ONO Amazon タワーレコード 88年、89年にリリースされた作品の30周年記念盤2枚組。 再発と言っても私には初。度肝を抜…

鬼才グレヴィチ率いる 若きドイツの先鋭たち、 真摯かつ多様性に富んだ エネルギッシュな音楽集団 ドグマ室内オーケストラ来日記念特集

過去にリリースされたAudiomax(ドイツ北東部の都市デトモルトのレーベル。MDGと経営母体は同じ)のSACDがタワレコで再発売?取扱いがありましたので、来日公演を控えるドグマ室内オーケストラの作品をご紹介 2004年、ヴァイオリニストのミハイル・グレヴィ…

名曲「SO WHAT」特集

Miles Davis: Kind of Blue SACDシングルレイヤー盤 Amazon タワーレコード ジャズ不滅の金字塔、”モード”という新しい概念を生み出した歴史的名盤。 このアルバムの象徴と言えるのが1曲目「SO WHAT」 Miles Davis - Kind Of Blue (Full Album) Four and Mor…

そうだ!ジャズ聴こう!!YOUTUBE、Spotifyで聴く・・そしてSACDで聴こう!!

JAZZは売れない!クラシックより全然、遥かに売れない!でもJAZZはカッコいいですよ~SACDユーザーなら是非JAZZも聴いて欲しい! と言うわけで、まずはこちらをご覧ください Hank Jones - Blue Minor Hank Jones Trio I Got Rhythm ピアノはこの時90歳のハン…

名曲「Goodbye Pork Pie Hat グッドバイ・ポークパイ・ハット」特集

怒れるジャズマン、チャールズ・ミンガスが天才サックス奏者であり盟友のレスター・ヤングを追悼して作曲した『グッドバイ・ポークパイ・ハット』 ポークパイ・ハットとはレスター・ヤングのトレード・マークだった浅くてポークパイのような帽子 Charles Min…

近頃のお気に入りSACD

まずはアンナー・ビルスマ追悼SACD化4作品 バッハ:ヴィオラ・ダ・ガンバ・ソナタ(全曲) Amazon タワーレコード チェロ・ピッコロ~バッハ:パルティータ&ソナタ Amazon タワーレコード バッハ:無伴奏チェロ組曲(全曲)(1992年録音) Amazon タワーレコード バッ…

追悼 杉本一家氏

ESOTERICやタワーレコードのビクター原盤のSACD復刻シリーズなどでマスタリング・エンジニアを務め、SACDユーザーには大変馴染み深い、杉本一家(すぎもとかずいえ)氏の訃報です。 マリス・ヤンソンス氏に続いての追悼記事は寂しいです。 タワーレコードで…